左線 輸入業務の流れ 右線
輸入手続きの流れを説明致します。

通関書類受領

輸入通関に必要な書類を輸入者から入手します。(Commercial Invoice、Packing List、 Original B/L, 原産地証明書(Form A)、 Health Certificate、Phytosanitary Certificate など) また、船会社から輸入者あてに発行されたArrival Notice(A/N= 到 着案内) も入手します。A/N には、到着予定日、貨物の搬入先、 貨物の明細等が記載されているほか、海上運賃や諸チャージ の請求書も兼ねており、輸入申告に必要な書類の一つです。

書類の内容確認

上線

受注関係書類の受け取り

通関担当者は、営業担当者・顧客及び貨物担当者より、受注関係書類及び テーターを受け取り、内容を確認する。 書類に不備がある場合には、速やかに 営業担当者・顧客及び担当者と連絡をとり、不足書類の追加送付又は正確 な書類の再送付を指示・依頼する。

やじるし
他法令の申請

  1. 通関担当者は、他法令該当貨物の場合には、受注関係書類に基づき関係各省庁に申請を行う。
    申請に際しては関税関係法令集等の法規・手順を遵守する。
  2. 通関担当者は、NACCSにて貨物情報照会を行い、他法令手続のための貨物の搬入確認をする。
  3. 他法令の申請をした場合は、合格書を取得する。
やじるし
外部保税蔵置場から自社保税蔵置場に保税運送する場合

  1. 当該業務担当者を選任して、各通関担当者からの依頼の一括処理を行う。
  2. 当該業務担当者は、営業担当者、顧客、貨物担当者と連絡を取り予定オーダー表を作成し、 運送業者に指示し配送の手配を依頼する。 また、必要があれば、外部保税蔵置場に対して搬出の予約をする。
  3. 保税運送承認手続ー通関担当者は、NACCSにて搬出に必要な手続を行い、保税運送承認通知書(OLT)を受け取る。
  4. 搬出手続ー搬出手続担当者は、DOチームよりDOを受け取り、OLTとDOを外部保税蔵置場に提出し、
    貨物引き取り書を受領する。

下線

輸入申告

上線

輸入申告事項登録

通関担当者は、受注関係書類に基づきNACCSに輸入申告事項を登録し、輸入申告控を作成する。 作成に関しては関税関係法令集等の法規・手順を遵守する。

やじるし
搬入確認

通関担当は、NACCSにて貨物情報照会を行い貨物の搬入を確認し、輸入申告控を確定する。

やじるし
通関士による書類審査

  1. 通関担当者は、確定した輸入申告入力控の審査を通関士より受ける。
  2. 通関士は、当該申告に問題がある場合には、直ちに輸入申告入力控の再作成を通関担当者に指示し再審査する。
やじるし
輸入申告

通関士は、審査が終了した後管轄税関に輸入申告する。

やじるし
税関による書類審査等

通関担当者は輸入申告の結果、簡易審査以外となった場合、管轄税関の指示に従い下記のいずれかの審査を受ける。

  
  1. 書類審査
  2. 検査(検査場、現場又は見本)
やじるし
関税納付

通関担当者は税関の審査終了後、営業担当者が作成するテーターに記載、指示した又は顧客より直接指示された 下記のいずれかの方法で関税を納付する。

  
  1. 即納方式:NACCSより発行された納付書に基づき、顧客に連絡し納付する。(MPN による納付を含む) 
  2. 延納方式:顧客の個別又は包括延納担保より納付する。
  3. 口座扱い :顧客等の銀行口座より納付する。

下線

D/O交換

貨物を引き取るためには、船社が発行するD/O(Delivery Order) が必要になります。
Original B/L と海上運賃、諸チャージを船会社へ差し入れ(B/L の提出と費用の支払い) の上、D/O と交換します。

配送手配

輸入者の指定場所へ貨物を納入するため、コンテナドレージ、トラックなどの配送手配をします。
貨物引き取りに際しては、D/O と輸入許可通知書をCY/CFS に差し入れる必要が有ります。CY/CFS では、D/O と許可書の明細を 確認(対査と言います)した後、該当貨物を搬出します。
倉庫での保管を依頼される場合は、ショートドレージ(CY から保管倉庫までの港頭地区内の距離の短いドレージのこと)、及び、 コンテナから貨物を取り出すデバンニング作業の手配も、当社では現業グループと打ち合わせて行っています。

ページトップへ